カメさまの伝説
















物語の場所へ戻る


本棚一覧へ

『カメさまの伝説』という本だ。

はるか昔 使命を終えて
空から舞い降りた カメさまは
世界の中心にあるある島に 小さな楽園を作りました



そこに エテーネの民と呼ばれる
特別な人間だけを住まわせた カメさまは
彼らが平和に暮らせるよう 見守り続けたのです。


やがて その中から 巫女と呼ばれる者が現れ
カメさまの心を 人々に伝え
彼らを 導いていくようになります

カメさまは 巫女に 村を託すと
長い長い 眠りに就きました。
いつか来る 次なる使命の時に備えて・・・。